• vivi
  • with
  • voce
  • frau
  • mi-mollet
  • 会員登録・特典

今日のPICK UP

2017.10.31

出かける

ドラえもんが現代アートに!「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」

ドラえもんが現代アートに!「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」

1970年の誕生以来、日本中にたくさんの夢を届けてくれた「ドラえもん」。
「ああ、ドラえもんがいてくれたら…」誰もが一度はそう思ったはず。そんなドラえもんへの思いが詰まった世界にひとつだけのアート作品を発表する「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」が明日11月1日から開催されます。
「あなたのドラえもんをつくってください」と言うコンセプトに共鳴した28組のアーティストが集結。かつてドラえもんと出会って夢を膨らませ、今は世界を舞台に活躍する、まさに「ドラえもん」世代のアーティストたちによる「ドラえもん」×現代アートの夢の共演が実現しました。 

今展は、美術史家の山下裕二氏が監修。絵画、彫刻、写真、メティアート、書道など、様々な技法で、それぞれの「ドラえもん」を表現します。

「2002年の「THE ドラえもん展」から15年。満を持して開催される続編が、今回の「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」である。思えば、この間に日本の現代アートシーンは、大きく裾野を拡げた。前回の出品作家で、その後さらなる活躍を続ける人が再び新作を出品してくれることが嬉しい。さらに、この15年の間に目覚ましい成長を遂げた作家を選び、制作を依頼した。彼らはまさにドラえもん世代といえるだろう。国民的キャラクターと、最先端の現代アートとのコラボレーションに、多くの観客が瞠目されるにちがいない」(山下裕二 美術史家・明治学院大学教授) 

前回から引き続いての参加となるアーティストは、蜷川実花さん、福田美蘭さん、村上隆さん、森村泰昌さん(コイケジュンコと共同制作)、奈良美智さん。
こちらは村上隆さんが2002年「THE ドラえもん展」に出展した作品「僕と弟とドラえもんとの夏休みと、「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」出品作品。

前回「THE ドラえもん展」村上隆 出展作品 「ぼくと弟とドラえもんとの夏休み」(2002年)
©Fujiko-pro & Takashi Murakami / Kaikai Kiki 2002

 

村上隆 出展作品 「あんなこといいな 出来たらいいな」 ©2017 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved. ©Fujiko-Pro

 

今回からの参加となる増田セバスチャンさんは、映画『のび太のドラビアンナイト』をモチーフに、高さ2.3m幅1.8mの巨大でカラフルなぬいぐるみのドラえもんを制作。少し見上げるような大きさは、未来を見上げるイメージと大きな希望を表しているそう。
「この時代にもしドラえもんがいたら、もしいなかったら、と考えながら作品を作りました。期待していてください」(増田セバスチャン) 

Mr.さんは、ひみつ道具によって、のび太の部屋が無重力になった様子を描いたアクリル絵画を。西尾康之さんは、高さ1.8mの巨大ドラえもんの彫刻に、3DCGのプロジェクションマッピングを投影する作品を出展。このほかにも、まだ見たことのない「ドラえもん」との出会いが楽しみです。 

 

その今展の音声ガイドナビゲーターは、羽鳥慎一さん。自身も「ドラえもん」世代で、「ドラえもん」が大好きだという羽鳥さん。
「アーティストの作品に対する想い、そして何よりアーティストの「ドラえもん」に対する想いを伝えさせていただきましたので、皆様が作品を鑑賞しながら、アーティストそれぞれの想いを知る手助けになれば嬉しいです。」(羽鳥さん)
音声ガイド 所要時間:約35分
      貸出価格:1台:520円(税込)

 

今展は、展覧会オリジナルグッズも大充実! 中でも、展示作品のカラー図版や、参加アーティスト28組の制作風景や、作品・「ドラえもん」に対する思いをインタビュー形式でまとめた、「公式図録」(2700円)は読み応え十分。
アーティストの作品をあしらったものや、展覧会限定デザインの「COLOR THE DORAEMON」シリーズ、ひと味ちがうドラえもんが楽しめる会場特別グッズなどがラインナップします。

編集部員のオススメは、ドラえもんをデザインしたトートバッグ。

「トートバッグ」 全5種 各1404円(税込)

A4サイズもすっぽりと入る大きなサイズなので、普段使いにピッタリ。

「カラーチェンジグラス」 全3種 各1512円(税込)

微笑むドラえもんをデザインしたグラス。冷たい飲料をグラスに入れると、それぞれ文字が浮かび上がります。

このほか、会場内特設ショップでは、オリジナルグッズを300アイテム以上登場。数量限定のため、ご希望のアイテムがある方はお早めに!

 

展覧会を鑑賞した後は、コラボレーションメニューのあるカフェ「THE SUN」(六本木ヒルズ森タワー52階)に。

照り焼きバーガーの上に、パイ生地の大きなタケコプターをのせた「タケコプターバーガー」(1380円)。ドラえもんの四次元ポケットから「どこでもドア」が登場した、フォトジェニックな「どこでもドアパフェ」(1380円)は、SNSで思わず自慢したくなりそう。

11月1日(水)~12月3日(日)までの期間限定メニュー第1弾として、大人気のタコライスをドラえもんの顔にした「ドラタコライス」(1580円)などが登場。12月4日からの第2段では、チーズとホワイトソースたっぷりのクロックムッシュ「アンキパンde クロックムッシュ」(1380円)などが登場予定だそう。こちらもお楽しみに!

※価格は全て税込
©Fujiko-Pro

 

 

「THE SUN」(六本木ヒルズ森タワー52階)
期間:2017年11月1日(水)~2018年1月8日(月・祝)
営業時間:11:00~22:00(フードL.O.21:00、ドリンクL.O.21:30)
※「THE ドラえもん展TOKYO 2017」、展望台、森美術館のいずれかの入館券が必要となります。
※11/23(木・祝)・24(金)は貸切営業のため除く

 

子供の頃から大好きだった「ドラえもん」。“おとな”になった2017年、漫画やアニメとはちょっと違った現代アートの「ドラえもん」に、是非会いに行ってみてくださいね。

 

「THE ドラえもん展TOKYO 2017」
開催期間 :2017年11月1日(水)~2018年1月8日(月・祝)会期中無休
会 場 :六本木ヒルズ森アーツセンターギャラリー(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階)
観覧料:一般1800円ほか
お問い合わせ :ハローダイヤル03-5777-8600(8:00~22:00)
参加アーティスト:
蜷川実花、福田美蘭、村上隆、森村泰昌(コイケジュンコと共同制作)、会田誠、梅佳代、小谷元彦、鴻池朋子、佐藤雅晴、しりあがり寿、西尾康之、町田久美、Mr.、山口晃、渡邊希、クワクボリョウタ、後藤映則、近藤智美、坂本友由、シシヤマザキ、篠原愛、中里勇太、中塚翠涛、山口英紀+伊藤航、山本竜基、れなれな、奈良美智、増田セバスチャン

 

■詳しくはこちら
「THE ドラえもん展TOKYO 2017」
公式サイト :http://thedoraemontentokyo2017.jp
公式Twitter :@thedoraemonten

FOLLOW US

著者プロフィール

COPYRIGHT(C)2013 KODANSHA LTD. ALL RIGHTS RESERVED.