• vivi
  • with
  • voce
  • frau
  • mi-mollet
  • 会員登録・特典

今日のPICK UP

2017.09.29

出かける食べる

うどんだけじゃない!香川名産オリーブハマチ

うどんだけじゃない!香川名産オリーブハマチ

秋、といえば味覚の季節。この時期が一番おいしい! そんな各地の名産品は多々ありますが、その中で今日PICK UPしたのが香川県のオリーブハマチ。「身がしまっていて、脂もしっかりのって美味! なのに後口はさっぱり」と、大人気の知る人ぞ知る名品です。 

オリーブハマチとは、香川県の県魚である「ハマチ」と県花・県木「オリーブ」のコラボレーションで生まれた香川県のブランド魚。ほかのハマチと何が違うの? といえば、それはズバリ「餌」。実は、香川県のハマチのなかでもオリーブハマチと認められるのは、香川県特産のオリーブの“葉”の粉末を添加したエサ(モイストペレット)を20日間以上与えた養殖ハマチだけ。抗酸化作用の強いポリフェノールの一種「オレウロペイン」が豊富に含まれたオリーブ葉粉末を添加したエサでハマチを飼育することで、酸化・変色しにくい肉質へ改善され、さっぱりとした味わいのオリーブハマチに育つそうです。 
 

香川県というと“うどん”のイメージが強すぎて、他の特産品の印象が薄い気がしますが(笑)、こんな特産物があったんですね。
そもそも、香川県はハマチ養殖発祥の地。世界で初めてハマチ養殖の事業化に成功した野網和三郎の生誕100年、ハマチ養殖80周年の節目であった平成20年にオリーブハマチの開発を開始して、今年で生誕10周年!

もっとオリーブハマチを知ってもらいたい! と、ゆるきゃらの“はまうみくん”、 香川おさかな大使の合田恵さん、オリーブハマチ生産者の嶋野文太さんが来訪!!

はまうみくんは、水がないと乾いて活きが悪くなってしまうため、ごくわずかな時間の滞在でしたが、編集部以外の部署からも手を振られる人気ぶり(笑)

 

こちらは、嶋野さんが育てたオリーブハマチ。

ぴちぴち! 普段は冷凍された、それも切り身を見ることが多いため、思わず「おおっ」歓声があがります。
嶋野さんによると、実はこれで水揚げされてから24時間後の状態(写真有)。冷凍したわけではなく、氷で〆たままで、この鮮度はびっくり! 
ところで、オリーブハマチ10周年! というと、そんなに長く感じない方もいるかもしれませんが、養殖物はどんなものでも一過性のブームに終わってしまいがちで、10年も長続きさせるのは大変なことだそう。
「次世代にぜひ引き継ぎ、100周年目指して頑張っていきたい」(嶋田さん) 

 

こちらはお刺身。

とってもきれいな薄ピンク色で、血合いの部分も新鮮な赤! 脂が乗っているのに、生臭さはまったくなく、歯ごたえプリプリ! 弾力もあって、しっかりした味が美味。当日編集部に居合わせた、こちらでは初登場で食にはちょっとうるさいS総編集長いわく「上品な味わい」。また、「やわらかい甘さがある」とは、魚介系好きの編集部員おあつ談。
こちらも切ってすぐではなく、お刺身にしてから1時間弱が経過した状態。編集部員がオリーブハマチの説明を聞いている間も色が変わることはなく、食されるその時まで新鮮なままで待機(笑)。 

皆さんも是非ご賞味を! と言いたいところなのですが、現在の漁獲量は27万匹ほど。そのため、1月上旬までの販売期間で出荷されるのは県内と四国山陽地域に限らず、首都圏・関西圏でも購入できます。
そんなオリーブハマチを食べることができるのが、香川県と愛媛県が共同設置しているアンテナショップ&レストランの「せとうち旬彩館」の(東京・新橋)内にあるレストラン「かおりひめ」です。

「オリーブハマチの刺身」写真は一人前 1000円(税込)で、2017年12月31日までの提供。 

今回、「オリーブハマチの刺し身」食事引換券2000円分(有効期限2017年12月31日まで)を、5名様にプレゼント!! この機会にぜひ、オリーブハマチの味を堪能してみてはいかがですか?

応募はコチラから。締め切りは10月9日(月)23:59まで。ふるってご応募くださいね。

そして、実は本日9月29日(金)の11:00〜16:00まで、「オリーブハマチ生誕10周年イベント」が開催に!  会場は、東信水産の荻窪総本店(東京都杉並区上荻1-9-1 荻窪タウンセブンB1)。荻窪駅北口ロータリーに設置された”おさかなシャトル”前では、おさかなビンゴゲームが行われたり、オリーブハマチの試食販売も。お近くの方は、ぜひお出かけくださいね。

 

とこで…オリーブハマチの味と同じくらい、編集部で話題になったのがこちら。

オリーブハマチのオリジナルグッズです。ぱっと見ただけでは、そのよさがわかりずらいのですが、開けてびっくりの仕様になっています。

ペンケースとしても、眼鏡ケースとしても使い方はいろいろ。のしに書かれたコメントが、いちいち笑いを誘います。ポチ袋に記載された保存方法には爆笑! 
今年の甥っ子へのお年玉は、表書きは大漁。ですが、僅かな中身をいれてオリーブハマチのマスキングテープで封をする、となぜか固く決意した次第(笑)。こんな遊び心あるアイテム、どこで買えるの? と俄然購入意欲を掻き立てられた方には大変申し訳ないのですが、香川県にある「道の駅源平の里 むれ」(香川県高松市の道の駅 URL:http://www.genpei-mure.com/)と、香川県高松市の雑貨屋「Box Gallery Make Merry!」でのみ、販売されているそう。むしろ、それがレア感をだして、さらに欲しくなるわけですが。ちなみにペンケースは1147円(税別)。香川県を訪れた際は、ぜひゲットしたいですね。

 

1月上旬までが食べごろというオリーブハマチ。デパートやスーパーの鮮魚売り場で見かけたら、ぜひお試しくださいね。

FOLLOW US

著者プロフィール

COPYRIGHT(C)2013 KODANSHA LTD. ALL RIGHTS RESERVED.