• vivi
  • with
  • voce
  • frau
  • mi-mollet
  • 会員登録・特典

今日のPICK UP

2017.09.27

出かける

稀代の建築家の集大成!「安藤忠雄展―挑戦―」開催

稀代の建築家の集大成!「安藤忠雄展―挑戦―」開催

「安藤忠雄展—挑戦—」が、本日から国立新美術館で開催されます。安藤氏といえば「世界的にも有名な」とか「日本を代表する」などと、ここで説明する必要もないほど有名な稀代の建築家。1969年に「都市ゲリラ」として建築設計活動をスタートして以来、多くの建築作品を手がけています。その作品は「これが安藤氏の手がけた」と改めて意識して見ることがない方でも、例えば東急東横線渋谷駅など、実は日常的に見て、利用しているものも。

今展は、その安藤氏の過去最大規模の展覧会。いかに生きて、いかに創り、今まだどこに向かおうとしているのか? その壮大な挑戦の軌跡と未来への展望が、約200展の設計資料で紹介されます。会場の空間デザインを安藤氏自ら手掛けるなど、単なる作品展示にとどまらない、まさに安藤氏の半世紀に及ぶキャリアの集大成!
世界、国内中にある安藤氏の建築作品を見て回るのは大変ですが(笑)、今展ならその多くを模型やスケッチ、ドローイングなどで鑑賞することが可能。普段は見ることのできない作品の誕生プロセスまでが堪能できます。
そこで今日はその見どころを、今展を構成する6つのセクションごとにPICK UP! 展示作品と合わせてご紹介します。

 

「原点/住まい」 安藤氏の建築の原点、住宅。初期の代表作から近年の圧倒的スケールの海外作品まで、100を超える住宅作品のハイライトが一挙展示

住吉の長屋,1976年,大阪府大阪市 (撮影:新建築社 写真部)

住吉の長屋(大阪市) 模型

この「住吉の長屋」は、昭和54年度日本建築学会賞を受賞した、実質のデビュー作。木造長屋をコンクリートハウスに建て替えるという大胆なプランが、豊かな空間をつくりだしました。会場では、その模型とともに、初期のアイデアスケッチから設計図面に至るまでの設計資料を一挙展示。名住宅の誕生プロセスに迫ります。

 

「光」 無地の「カンバス」に光や風といった自然の息吹が映し出されることで、安藤氏の目指す空間は生まれるそう。ここではその意図が端的に表れている一連の教会作品のうち、代表作が紹介されます。

水の教会,1988年,北海道勇払郡 (撮影:白鳥美雄)

野外展示として「光の教会」が原寸で再現! 大注目です!!

光の教会,1989年,大阪府茨木市 (撮影:松岡満男)

 

「余白の空間」 「都市ゲリラ」と自らを称する安藤氏が、都市において一貫して試みてきたのが、意図的に「余白」の空間をつくりだし、人の集まる場を生み出すこと。表参道ヒルズもそのひとつです。

表参道ヒルズ,2006年,東京都渋谷区 (撮影:松岡満男)

 

「場所を読む」 1980年代末からは、大自然に包まれた各地に美しくも力強い、安藤建築による風景がつくられていきます。一貫するテーマは、周辺環境と一体化して、その場所の個性を際立たせるような建築。1980年代末、瀬戸内海の直島を「アートの島」として再生する文化プロジェクト「直島プロジェクト」の30年余りに及ぶ空間インスタレーションは圧巻です!

直島の一連のプロジェクト(香川県直島町) 模型,香川県直島町

 

「あるものを生かしてないものをつくる」 歴史の刻まれた建物の再生は、安藤氏が常に挑戦心をかき立てられるテーマ。その古い建物の保存・再生に関わる作品の系譜を、初期の未完に終わったプロジェクトから、国内での実現作品、歴史都市ヴェニスでの「プンタ・デラ・ドガーナ」を中心とする一連の作品、さらに現在パリ中心部で進行中の最新プロジェクトに至るまで一挙公開! 

プンタ・デラ・ドガーナ(イタリア ヴェニス)模型

 

「育てる」 安藤忠雄が稀代の建築家と呼ばれる理由のひとつは、建築という枠組みを超えた社会活動への旺盛な取り組み。ここでは、完成後の建物の周辺環境整備から、地元大阪でのまちづくり活動、さらには瀬戸内海沿岸、東京湾岸部での環境再生運動まで、建築づくり=環境づくりと考える安藤氏の思想を、ドキュメンタリー映像で紹介されます。

 

集大成だけあって、見応え十分すぎる今展の開催は12月18日(月)まで。世界、日本中にある建築作品を散策する気分で、ぜひ楽しんでくださいね。

 

「安藤忠雄展―挑戦―」
会期:2017年9月27日 (水)~12月18日(月)
会場:国立新美術館 企画展示室1E+野外展示場 (東京都港区六本木7-22-2)
休館日:毎週火曜日
開館時間:10:00 ~ 18:00(金曜日・土曜日は20:00 まで)
※入場は閉館の30 分前まで
観覧料:一般1500円ほか
お問い合わせ:03-5777-8600 ( ハローダイヤル) 

 

■詳しくはこちら
「安藤忠雄展―挑戦―」
http://www.tadao-ando.com/exhibition2017/

FOLLOW US

著者プロフィール

COPYRIGHT(C)2013 KODANSHA LTD. ALL RIGHTS RESERVED.