• vivi
  • with
  • voce
  • frau
  • mi-mollet
  • 会員登録・特典

今日のPICK UP

2017.09.19

学ぶ

想い、届け!「アーク・ノヴァ」東京に登場

想い、届け!「アーク・ノヴァ」東京に登場

この超巨大バルーンのような建物を、覚えていますか? これは、高さ18m、幅30m、奥行36m の移動式コンサートホール(収容人数494名)。東日本大震災の復興支援として、伝統あるスイスの音楽祭「ルツェルン・フェスティバル」と日本で海外オーケストラの招聘などを行う音楽事務所「KAJIMOTO」が企画し、世界的建築家の磯崎新氏と英国人彫刻家のアニッシュ・カプーア氏によってデザインされた、「アーク・ノヴァ」です。
なぜ移動式か? というと、それは塩化ビニールでコーティングされたポリエステル製の膜が、1時間ほどの送風でドーム状に膨らみ、折りたたんでトラック輸送できるように設計されているため。こんなに大きなものが1時間で膨らむとは、驚きですよね。

福島市で「アーク・ノヴァ」に集う人々(2015年)

ホール内のベンチの一部は、震災の記憶を残そうと、津波の塩害と地盤沈下によって伐採された瑞巌寺の参道杉を材料に、石巻市の「石巻工房」の監修により市民が参加したワークショップで製作されたそう。
この「アーク・ノヴァ」は2013年から2015年にかけて、松島、仙台、福島へ移動。3か所で計3 回展示され、コンサートやワークショップを開催。延べ1万9千人を動員しました。

「アーク・ノヴァ」内観

東日本大震災から6年半もの年月が経過、その後も日本各地で災害が続いたこともあって、その記憶は薄れつつあります…。そこで、東日本大震災を風化させないという「ルツェルン・フェスティバル」の想いに、東京ミッドタウンが賛同。建築芸術としても高い評価を得た「アーク・ノヴァ」が、東京ミッドタウンに本日9月19日(火)から10月4日(水)まで、東京で初めて展示されます!
期間中は内部を鑑賞できるほか、東北での開催時に大好評だったアーティストが再集結しての演奏会など、当時の様子や「アーク・ノヴァ」に関するパネル展示も。夜はライトアップされ、日中とは違った、まるでアートのような幻想的な雰囲気に様変わり。この機会に「アーク・ノヴァ」の昼と夜、それぞれの姿を是非ご覧になってくださいね。 

オーケストラ開催の様子(2015年)

 

<東京ミッドタウン開業10周年記念イベント>
「ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ 2017 in 東京ミッドタウン」
開催期間: 9月19日(火)~10月4日(水) 荒天中止
※18時~23時はライトアップ開催
※日程により一部演出が異なる場合があります
場所:ミッドタウン・ガーデン 芝生広場
一般公開:9月20日(水)~24日(日)、30日(土)、10月1日(日) 13:00~18:00
※ 9月22日(金)~24日(日)は21:30まで、30日(土)は23:00まで開館延長
※ 10月1日(日)15:30~17:00に「六本木アートナイト スペシャルプログラム」として ミニコンサートが開催されます。開演中の入場はできません。
※ 最終入場は閉館時刻の30分前
料金:500円(小学生以下無料) 

 

また、アートシアターとして芸術性の高い映画をご鑑賞いただけます。9月22日(金)に「アメリ」(2001年)、23日(土)は「オペラ座の怪人」(2004年)、24日(日)には「ビッグ・アイズ」(2014年)を、各日19:00から上映(受付開始18:30)。
料金:500円(小学生以下無料)
定員:300名

 

そして、夜通し様々なアートに触れ合えることで人気の、六本木のアートの祭典「六本木アートナイト」のスペシャルプログラムとして、建築設計に携わった世界的建築家の磯崎新氏、ルツェルン・フェスティバル芸術総監督のミヒャエル・へフリガー氏、KAJIMOTO代表の梶本眞秀氏の3名によるトークイベントや、ミニコンサートも開催! 

磯崎新氏、ミヒャエル・へフリガー氏、梶本眞秀氏 トークイベント
日時: 9月30日(土) 14:30~16:00 (14:00開場)
料金: 500円(小学生以下無料)
定員: 450名 

ミニコンサート
日時:10月1日(日) 16:00~17:00 (15:30開場)
料金:1500円 (9月15日からKAJIMOTO公式サイトにて発売中)
定員:480名 

 

さらに、10月に来日公演を行うルツェルン祝祭管弦楽団のメンバーをはじめ、ルツェルン・フェスティバル・アカデミーの修了生、「アーク・ノヴァ」福島開催の際に会場を感動で包んだ声楽家・藤木大地氏やギタリスト・大萩康司氏、ソロのチェリストとして活躍する横坂源氏などを迎え、バッハ「無伴奏チェロ組曲」などの室内楽を中心にしたミニコンサートが開かれます。
10月2日の19時からは、コンサートに加えて出演者およびゲストによるシンポジウムも開催。災地でコンサートを行った当時の話をまじえながら、「芸術ができること」を考えます。 

ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ スペシャル・コンサート
日時:10月2日(月) 11:30~/14:00~/16:30~/19:00~
   10月2日(月)19:00の回では、演奏終了後、「被災地のために芸術ができること」をテーマにシンポジウムが行われます。
   10月4日(水) 12:15~/15:00~
料金:1000~1500円 (9月中旬にKAJIMOTO公式サイトにて発売予定)
問い合わせ:KAJIMOTO 03-3574-0550 平日10:00~18:30
※ 出演者やプログラム等の詳細は、KAJIMOTO公式サイトをご覧ください。
チケット販売ページURL: http://www.kajimotomusic.com/jp/ticket/ 

 

被災地に音楽を届けたい ―。「ルツェルン・フェスティバル」の想いから誕生した「アーク・ノヴァ」。ラテン語で『新しい方舟』の意味を持つ「アーク・ノヴァ」が、多くの人の想いを詰め、さらなる展開を見せてくれることに期待したいですね。 

 

■ 詳しくはこちら
東京ミッドタウン
http://www.tokyo-midtown.com
※各入場料およびチケット代金の一部は、東日本大震災の復興のために寄付されます。

FOLLOW US

著者プロフィール

COPYRIGHT(C)2013 KODANSHA LTD. ALL RIGHTS RESERVED.