• vivi
  • with
  • voce
  • frau
  • mi-mollet
  • 会員登録・特典

人気の記事から

2018.01.19

学ぶ

青山五行のおとなの西洋易占い(2017.11/25→2/24)

青山五行のおとなの西洋易占い(2017.11/25→2/24)

注目すべき新月 2/16
革新の星座・水瓶座で太陽と月が重なり新月に。体制保守の感覚が強い世の中の流れですが、それでも新しい道を模索する動きがあちこちで見られるでしょう。個人の人生でも新たなサイクルが始まるときです。

 

注目すべき満月 1/31
獅子座に進んだ月が水瓶座の太陽と向き合う満月ですが、夜半から月が欠けていく皆既月食となります。「完成した!」と思って気をゆるめたことに綻びがでる可能性もあるので、できるだけ慎重に過ごして。

 

 

牡羊座 3月21日から4月19日生まれ

 

将来のために理想の自分を設定し直す"溜め"の3ヵ月

もともと快活で行動力抜群の牡羊座。12月中旬からは社会的ステイタスを安定させるために情熱を傾けると吉。プライベートな楽しみより、職場でのポジションや夫婦としての立ち位置など、"公の自分像"を確立したい星まわりです。なりたい自分を描けば、自然と具体的なステップは見えてくるはず。ここで築いたポジションが今後12年間にわたって牡羊座を守ってくれるのです。
いっぽう、1月31日の満月で2017年から続いていた楽しいイベントや恋愛はひとつの完成形を迎えます。次のステップを考えるタイミング。2月中旬からは交友関係が盛り上がります。
趣味のグループ活動やお稽古事の人間関係に、将来の副業へ発展していく金脈が眠っています。

 

牡牛座 4月20日から5月20日生まれ

 

経済的な手腕がアップ!さらなる安定感を手に

引き続き高め安定の運気です。ラッキースター・木星が牡牛座のパートナー運を司る場所に入っているので、パーティシーズンらしく、華やかな出会いに恵まれるでしょう。さらに年末年始は、あなたの中で育ちつつあった自信が、ゆるぎないものに変わる出来事が! もともと持続力と安定感にかけては12星座でいちばんの牡牛座ですが、その長所が力強く伸びていき、金運にも恵まれます。注意したいのは1月31日から2月16日にかけて。公私のどちらを優先していくか、という悩みを抱えそうな案件に見舞われる暗示がありますが、できるだけペンディングしておいて。2月下旬まで待てばよい形で収まるはずです。2月末から、さらに運気は上昇します。

 

 

双子座 5月21日から6月21日生まれ

 

丁寧なライフスタイルが運を上昇させていく!

好奇心が旺盛でフットワークの軽さが魅力の双子座。その長所を生かすために、今シーズンはエネルギーをうまく循環させて、息切れしないような日々の"リズム"を身につけてください。1日、1週間、1ヵ月という単位を意識して過ごしたり、計画を立てたりするのが開運への大きな一歩。拡大の星・木星が双子座の体重を増やしてしまう可能性もあるので、年末年始だからといってハメを外すと、戻すのがいつも以上に大変になります。12月下旬からは両親のケアが必要になる暗示があり、相続問題が出てくることもあるでしょう。1月末にも、身内でのいざこざが起こる星まわりですが、2月16日の新月に、今後の方向性が晴れやかに決まるでしょう。

 

 

蟹座 6月22日から7月22日生まれ

 

プレッシャーがいい刺激に!金運をさらに強固なものへ

ラッキースター・木星が蟹座の恋愛運&創造力をバックアップしてくれているので、基本的には毎日を潑剌と過ごせる星まわり。ただ、年末から" パートナー"のプレッシャーが徐々に強まります。ここでいうパートナーとは、一対一の関係すべて―夫、恋人、直属の上司や部下、クライアントの担当等々―を表します。蟹座で満月となる1月2日に家族や親せきとのつながりを強めておくと、想像以上のパワーチャージが可能。心づくしの手料理など蟹座がもっとも得意とするホスピタリティを発揮して。1月31日の満月は経済プランを見直すベストタイミングです。2月16日までに新しい収支計画を立てれば、豊かさの扉が大きく開かれるでしょう。

 

 

獅子座 7月23日から8月22日生まれ

 

家族と過ごす時間で疲れをこまめにリセット

体調に注意したい星まわりです。もともと獅子座は、仕事も遊びもこなすパワー星座ですが、日々の仕事やルーティンワークが増えていき、心身ともに疲労を感じやすくなるでしょう。まわりから期待される役割もいわば" 縁の下の調整役"。そんなときこそ、しっかりオフをとるのが大切です。家族や親友と心おきなくおしゃべりする時間がなによりの励ましに。インテリアを新調したりDIYに挑戦したり、自宅を豊かに整えるのも◎。1月31日の満月は、夫のポジションが役付きだったり、自分が管理職だったりする場合は、居丈高な態度が思わぬ火種になりそうな運気で注意が必要です。2月からは対人関係に新しい風が吹き、気持ちも晴れるでしょう。

 

 

乙女座 8月23日から9月22日生まれ

 

将来につながる学び運と恋愛運がマックスに!

好奇心と人生の楽しみが直結し、知性を司る乙女座らしいシーズンの幕開けです。まず、ラッキースター・木星が乙女座の" 学び欲"を後押し。将来的には副業へ発展する可能性もあり、たくさんの人々があなたの情熱に惹かれて集まってくるでしょう。12月末からはさらに創作意欲やパッションが強くほとばしる星まわり。ものごとに取り組む情熱がキープされるので、年末年始のイベントをはじめ、心からワクワクできる素敵な時間を過ごせるでしょう。1月31日はトラウマが刺激される出来事が予想されるので、衝動的にならず努めて冷静に振るまって。2月中旬から新たな任務が決まり、忙しくなります。オンオフの時間配分をしっかりと。

 

 

天秤座 9月23日から10月23日生まれ

 

引き続き金運は好調!家族問題には早めの対処を

秋以降、順調に金運が好転している天秤座。2018年も自分の収入源を増やす計画に適した運気です。ただ、12月末から住宅や家族関係で問題が起こりそうな星まわり。住宅ローンの見直しや夫婦間でのルール、将来的な両親の介護など、保留にしてきた問題について話し合い、具体的な解決策を導きだすタイミングになるでしょう。しっかり取り組んでおくと、今後12年間にわたって家庭平和がキープされます。1月31日は恋愛や個人的楽しみを追求してしまうあまり、社会的な人間関係をおろそかにしてしまうかも。後からメールや電話でフォローしておくと引きずりません。2月16日に新たな情熱が生まれる運気。既婚者の方は不倫に陥らないように。

 

 

蠍座 10月24日から11月22日生まれ

 

12月から成功運も加わり最高のシーズンに

秋にラッキースター・木星が蠍座に入って以降、パワー全開の蠍座。好奇心のアンテナも張り巡らされ、いろいろなモノ・ヒト・コトに対して感度が高くなっています。12月20日からはさらなる幸運期の幕開けとなるでしょう。何気ない風景に感動できたり、毎日の食事づくりにも意欲がわいたりと、とにかく日常生活そのものが活性化。しかも好きなこと、興味があることを追求していく過程で、大きな収入源を手にする成功運も大いにあります。注意すべきは1月31日の満月。好調さにあぐらをかいていると足を掬われる暗示があるので、この日の言動はできるだけ謙虚に。2月16日の新月は、幸運期をしっかりモノにできるようライフスタイルを整えるときです。

 

 

射手座 11月23日から12月21日生まれ

 

飛躍を迎える準備期間。自分にご褒美とねぎらいを

来るべき幸運期に向けて、心身ともに回復させ調整する時期です。まず、12月18日に射手座で起こる新月が、長く続いたプレッシャーから解放されるサイン。その2日後には教師役の星・土星が射手座から去っていくのです。がんばってきたあなたの" 卒業式"ともいえるタイミングになりそう。気苦労をしいられた人間関係、仕事の重圧など過去2年間にわたり背負い込んできたことが、人生をグレードアップさせる大きな糧になるでしょう。1月31日の満月は自信が先走りすぎないよう言動に注意を。2月に入ると戦いの星・火星の応援も加わり、やる気もみなぎり忙しくなります。2月中旬からは、本来の射手座らしく、旅行や勉強の計画でワクワクできるはず。

 

 

山羊座 12月22日から1月19日生まれ

 

29年に一度の当たり年。前だけを見て進むべき

高い運気が約束された3ヵ月。秋以降のラッキーな星まわりに加え、12月20日には守護星である土星が山羊座に満を持して戻ってきます。そこからが本番! 将来振り返ったとき、生涯最高だったといえそうなシーズンの一つになるでしょう。さらなる豊かさを手にするヒントは、縦社会だけでなく、横のつながり、交友関係を意識して強化すること。山羊座の実力を見込んで思わぬところからオファーが入り、金脈になる可能性が高いのです。いつもは良識的な山羊座ですが、心の声にしたがってやりたいことを進めていくのが、今の強い運気をモノにする秘訣。特に2月16日は勤務先や夫の収入とは関係ない、新しい収入源のヒントを手にできるはず。

 

 

水瓶座 1月20日から2月18日生まれ

 

仕事運は絶好調! メンタルのケアはしっかりと

仕事運は変わらず好調ですが、シーズン前半はやや気持ちがウツウツとし、後半に向かうほど回復していくでしょう。12月はコンプレックスを刺激される出来事があったり、なにかと気持ちが晴れないことが多い星まわり。好きな映画や音楽、お気に入りのスイーツなど、簡単に気持ちをリフレッシュさせる方法を何パターンか用意しておくとベストです。晴れやかな運気の始まりは1月31日、獅子座で起こる満月以降です。その運気を受けて2月16日の新月には進むべき新しい道が見えてくるでしょう。ちょうど仕事や社会的な活動での評価を受けやすいタイミングなので、"上司やまわりの人にウケがいいかどうか"をジャッジ基準にすると吉とでます。

 

 

魚座 2月19日から3月20日生まれ

 

高い運気に裏づけられた希望に満ちた日々

秋以降、ゆるぎない自信を手にしつつある魚座。夢見の星・海王星もホームグラウンドの魚座に入っているので、実際、魚座のパワーはかなり増しているのです。持ち前のインスピレーションを活性化させていけば、さらに運気はうなぎ上り。興味があることへの投資は惜しまず前向きに実行しましょう。また、12月中旬に入ると、開拓してきた社会的な人間関係が安定期に入ります。今後、転職や未経験の仕事に就く場合の大きな布石に。義務からの解放を意味する1月31日は、枠にとらわれたくない魚座にとって素晴らしいタイミング。介護問題をかかえている方も新しい一手が見つかるかもしれません。2月16日は新しい希望が人生にもたらされるはず。

 

 

■Profile
青山五行
あおやまごぎょう
学生時代から宗教哲学・易学を学んだ占術家・小池雅章氏が、「西洋占星術」を軸に「易」を組み合わせた独自の占いで、より精緻な答えを導き出すと評判。

illustrations by Asako Masunouchi
edited by Yoko Fujimoto

FOLLOW US

著者プロフィール

COPYRIGHT(C)2013 KODANSHA LTD. ALL RIGHTS RESERVED.