• vivi
  • with
  • voce
  • frau
  • mi-mollet
  • 会員登録・特典

人気の記事から

2017.11.08

学ぶ健康

毎日を見直そう!認知症を予防する5つのポイント

毎日を見直そう!認知症を予防する5つのポイント

50代の認知症入門シリーズの5回目では、話題になっている認知症の予防法について教えていただきました。(第5回目の記事はこちら
今回は、認知症を予防するために日々の生活の中で見直すべきポイントを認知症専門医の山口晴保さんと、木之下徹さんに教えていただきました。 

 

予防と身構えず“楽しく心がける”が50代からのケア

アルツハイマー型認知症は、脳にタンパク質のゴミ(アミロイドβやタウ)が溜まってくることが原因とされ、早い人では40歳代から溜まり始めるとされています。ですが50代なら、毎日の生活意識をちょっと見直すだけで十分ケアができます。脳のためにも、ポジティブ思考で楽しく続けましょう。

 

1.運動(身体活動)

運動すると脳が喜ぶ。脳のゴミも溜まりにくくなる
筋肉を動かすと、脳の神経細胞を育てるホルモンのBDNFという物質が増えます。また、運動には、脳の萎縮を防いだり、脳のタンパクゴミ(アミロイドβやタウ)を溜まりにくくする働きがあり、全身の血管の状態もよくなります。有酸素運動と筋力アップ運動の両方を、楽しく続けることが理想。

 

2.健康的な食事

高カロリー食は脳の大敵。野菜と魚を意識的に摂って
「野菜や果物に含まれる抗酸化物質のポリフェノールのいくつかに、アミロイドβだけでなくほかのタンパクの異常蓄積も抑える作用が見つかりました。また、魚油(DHA)には、脳にタンパクゴミが溜まりにくくして、神経細胞を守る働きがあります」(山口さん)。魚や野菜を多く食べてお酒は適量、人工油脂は控える、タバコは吸わないなどが、脳を若く保つ秘訣。

積極的に摂りたい抗酸化成分 ポリフェノール リスト
・赤ワインのミリセチン
・シソ科のローズマリー酸
・ウコンのクルクミン
・ルイボスティや紅茶のテアフラビン
・ナスのデルフィニジン

 

3.ストレスを減らす

くよくよしない、心配しない、ご機嫌ライフが脳を守る
心配性の人よりも能天気に捉える人のほうが、認知症になりにくい傾向にあるそうです。「十分に寝る、ストレスを溜めない、そして笑って暮らしましょう。人と交流を持ち、孤立しないことも大切です」(山口さん)

 

4.生活習慣病を防ぐ・治す

血管を若々しく保つ生活習慣病はしっかり治す
「心臓にいいことは脳にもいい。全身の血管の状態をよくして、生活習慣病の予防に努めましょう。高血圧症、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病を発症したら、きちんと治療することが大切です」(木之下さん)

 

5.目、耳、歯の機能

視力・聴力の低下や歯周病は放置せず治療を
見る、聞く、自分の歯で嚙むなどの機能は、認知機能の維持に不可欠。
「年をとればいろいろ不具合も出てきます。白内障になったら手術をする、聞こえにくくなったら補聴器をつける、歯周病は治療しておくなどの対策をとることも重要です」(山口さん)

 

私は認知症をこう考えます

みんながなる時代だからこそ、どう生きたら幸せかを考えて
認知症は、健康的な生活をしていれば、先送りできる病気です。50代なら、人との交流を続け、ストレスを溜めず、健康的な生活をすることにつきます。それでも、半数の人がいずれなるのです。
だからこそ、認知症や認知症の人を恐れるのではなく、自分ごととして考えてほしいですね。自分ならどう生きたいか、どう扱われたいかという視点が大事です。
家族が認知症になったら、存在を認め「あなたがいてうれしい」と言って安心させてあげましょう。認知症ケアは、認知症の人の根底にある寂しさや不安を受け入れるところからが始まり。記憶するのが苦手になっても、心は生きています。役割があったほうがイキイキとします。認知症の方も私たちと感情は同じ。ほめられ尊敬されたら喜びます。できることを伸ばしてあげましょう。
なってしまったことをがっかりするのか、前向きに捉えるのか。私たち一人ひとりが認知症をどう受け入れるかで、認知症の人を取り巻く環境は大きく変わるのです。

 

“認知症を恐れるのではなく、

自分ごととして考えてほしい”

 

■Profile
認知症の専門医 山口晴保さん
認知症介護研究・研修東京センター センター長、日本認知症学会専門医。認知症の病理研究を30年続けた後、臨床研究に転向、認知症の実践医療や予防などにも取り組んでいる。近著に『楽になる認知症ケアのコツ』(技術評論社)、『認知症にならない、負けない生き方』(サンマーク出版)。

認知症の専門医 木之下徹さん
認知症の人の在宅医療に15年携わった後、認知症外来「のぞみメモリークリニック」を開院。認知症に対する偏見と日々向き合いながら、認知症の人やその家族に親身に寄り添う外来診療に尽力している。

 

50代の「認知症」入門シリーズ 

■ 認知症になりたくない!専門医からのアドバイス
■ 専門医が回答!どうして認知症になるの?
■ 認知症になりやすい体質・生活習慣とは?
■ この症状って認知症?! 物忘れと認知症の違い
■ その認知症予防法、ストレスになっていませんか?
■ 毎日を見直そう!認知症を予防する5つのポイント
■ 【親の認知症】やる気がない、暴力、妄想…どうしたらいい?

 

 

『おとなスタイル』Vol.8 2017夏号より
取材・文/及川夕子 構成/伊藤まなび イラスト/添田あき

FOLLOW US

著者プロフィール

COPYRIGHT(C)2013 KODANSHA LTD. ALL RIGHTS RESERVED.