• vivi
  • with
  • voce
  • frau
  • mi-mollet
  • 会員登録・特典

人気の記事から

2017.05.28

学ぶ健康

話題の『朝坐禅』人気の秘密に迫る!

話題の『朝坐禅』人気の秘密に迫る!

多忙な毎日を過ごすビジネスパーソンの間で今、坐禅が人気を集めている。
究極のコーピングと言われる坐禅。
果たして本当にストレスを解放してくれるのか? 
その真偽を探るために、話題の朝坐禅を初体験してみることに―。

 

「坐禅は心を落ち着かせる」は本当か?

“考えること”を休憩して見えたもの、わかったこと
このところ、世界的に話題を集めている坐禅。IT企業でも、研修プログラムとして取り入れているという。さらに、出社前に立ち寄る“朝活禅”も予約があっという間に埋まるほど人気だ。なぜ今、人は坐禅を求めるのか?
日々邪念ばかりの心にも変化が起こるのか? 全くの坐禅ビギナーが初めての朝坐禅に挑戦してみることにした。

訪れたのは、都心のホテル内にある坐禅道場。開始時間は朝7時。6時半の開場時間には、早朝にもかかわらず、次々と人が訪れる。OL風の人もいれば、IT企業風の若いビジネスマン、通い慣れた感じの初老の男性など、参加者の年齢や職業はさまざまだ。 

「会社の研修で、坐禅を初めて体験しました。そのとき頭がすっきりした感じが忘れられず、最近になってまた始めてみたんです。坐禅は環境も大事だと思うので、会社も近いし、ここに通うようになりました」(50代・会社員) 

参加者の多くは、坐禅を組むことで、頭がクリアになる、ストレスから解放される感覚がある、と口々に話す。足を組み、坐っているだけでなぜ、そういう感覚になるのだろうか。

「坐禅は、姿勢を正して呼吸を調えることだけに意識を向けます。その結果、心が調い、余計なことが気にならなくなるのです」

と話すのは、僧侶の関水博道さん。

これがよく聞く“邪念を払う”“無になる”ということなのだろうか。坐禅中、お腹が鳴ったらどうしたらいい? じっと座るだけ、は退屈ではないのだろうか。不安がよぎるものの、まずは実践。作法に倣(なら)って、足を組んでみた。 

 

呼吸だけにひたすら意識を

向けると、次々浮かぶ雑念が

不思議と消えていった!

 

坐禅の姿勢は予想に反してつらくなく、背筋が伸びて気持ちいい。関水さんの説明に従って呼吸を調え、さあいよいよ坐禅に集中しよう! そう思った途端、いろいろな考えが一気に頭の中を巡りだした。午後のスケジュール、明日の会議、隣の人はどうなんだろう? そんなことまで気になる始末。
集中集中、そう思い直したものの、今度は「何分経ったのだろう」と時間が気になってしまった。が、これは初めての人にはよくあることで、回数を重ねるうちに不思議と考えなくなるのだという。確かに集中しているうちに、途中から時間の観念がなくなって、いつしか20分。
静かに終了の鐘が鳴っていた。
立ち上がると、あれ? 体が軽い。いつも張り詰めていた首筋から肩にかけての筋肉がほぐれている。不思議な爽快感に包まれ、頭からスッと何かが落ちたような心地よさ、なんとも形容しがたい初めての感覚だ。これが「坐禅の気持ちよさ」なのだろう。

 

知っておきたい 朝坐禅マメ知識

●そもそも坐禅とは?
坐禅とは「調身・調息・調心」といって、坐って姿勢を正しく調えて(調身)、深く呼吸し(調息)、心を調える(調心)仏教の修行のひとつ。心で心をコントロールするのではなく、身体(姿勢・呼吸)を調えることで「考えない」を実践、心を落ち着かせるというもの。 

●なぜ朝にやるの?
朝の時間を無駄にせず、日が昇る前に身体と心を調え、気持ち良く一日を過ごすためといわれる。就寝前の心をクールダウンする、「夜坐」という坐禅もある。 

●お腹が鳴ったり、顔がかゆくなったら?
「お腹が空いた」で考えを止めてみる。「終わったら何を食べよう」などと考えを広げないことで、思考のスパイラルから脱出できるように。かゆみは掻いてもOKだが、そこで完結。思い続けないことが大事。

 

体験したのは
朝活禅/曹洞宗(禅宗)の若手僧侶によって2010年11月から開始された坐禅会。朝7時から8時まで、坐禅と修行体験(朝粥や行茶、掃除など)の全6回コース。終了後は、自由参加の茶話会もあり。毎回配布される「朝活禅通信」が禅を面白く学べると好評。事前予約制で定員30名、参加費は9000円(6回分)。「朝活禅2017夏」は、5月中旬スタート。詳しくは下記のサイトでご確認ください。
http://www.sotozen-net.or.jp/asakatsuzen

 

お話を伺ったのは
関水博道さん/横浜市東泉寺副住職。大本山永平寺で修行の後、駒澤大学大学院修士課程修了。曹洞宗総合研究センターで仏教・禅を伝える研究開発に携わる。

『おとなスタイル』Vol.7 2017春号より
撮影/蝦名まゆこ 取材・文/田中優子

FOLLOW US

著者プロフィール

COPYRIGHT(C)2013 KODANSHA LTD. ALL RIGHTS RESERVED.