• vivi
  • with
  • voce
  • frau
  • mi-mollet
  • 会員登録・特典

ブログ

2017.03.23

食べる買う

【赤澤かおり】飛田和緒さんの新刊『海辺暮らし 季節のごはんとおかず』発売になります!

【赤澤かおり】飛田和緒さんの新刊『海辺暮らし 季節のごはんとおかず』発売になります!

 昨年『おとなスタイル』でも、楽しいハワイライフを教えてくださった料理家の飛田和緒さん。新刊『海辺暮らし 季節のごはんとおかず』(女子栄養大学出版部 刊)は、ご自宅のある神奈川県葉山で、季節の素材に寄り添い作る、家族や友人たちへの日々ごはんのレシピ。
 春はワカメやひじき、しらす漁を心待ちにし、お客様が来たときには朝のとれたて生しらすと釜揚げしらすの丼でおもてなし。初夏は恒例のらっきょうや梅干し作り、山椒も漬けたり、と大忙し。夏は直売所に並ぶ、なす、トマト、キュウリを思う存分楽しみます。秋は新米をていねいに炊き、漬物とともにシンプルに味わう。キノコを使った常備菜作りも忘れちゃならないこの時期の仕事。冬はテラスで大根を干したり、柚味噌を作ったりする傍ら、おせちを仕込む。といった、飛田さんの素のままの一年を追いかけてじっくり撮影し、作った一冊。
 梅干しやらっきょうといった定番の保存食はもちろん、山椒、じゃこ、トマトソース、塩きのこやペースト、いくらの醤油漬けなども。それを使った料理や、季節ならではの素材のごはんとおかず。おせちとお雑煮まで一年を通じた飛田さんの、暮らしを慈しみ育まれてきたレシピがまとまりました。
 それぞれの季節の話や旬の素材のこと、行事ごとに作る料理など、食べ物に関する食欲をそそるエッセイを読みながら、次に何を作ろうか考えるのも楽しい本。編集を担当させていただいたおかげで、飛田さんとともに季節に沿った暮らしができたのは、とてもありがたかったです。忙しいけれども、おいしいものを味わってほしいという思いがあるから手抜きはなし。「毎日のことだからこそ大切」という飛田さんの言葉には、実際に日々家族にごはんを作っているからこその重みを感じました。実のある季節と食の話。読む、作る、味わう、どこからでもお好きなスタイルで楽しんでいただけたらと思います。

 先日お会いした飛田さんから解禁になったばかりの葉山のしらすと季節のめかぶをいただいたときのもの。解禁日に、待ってましたとばかりにしらす漁の漁師さんの元へと買いに走ったのだそうです。さすがです! その漁師さんのことも連絡先なども、本に載っておりますよ。

みっちりフリルがついためかぶ。まずは熱湯でサッとゆでます。そうすると、こんな美しいグリーンに変身!

ゆで上がったら、サッと水洗いしてしっかり水気をきってから、細かく刻みます。ぬるぬるして滑るので、気をつけて。ここで細かく刻むのがよりおいしくなるポイント、とは飛田さんのお言葉。私のはまだまだ雑ですね、とほほ。

炊きたてのご飯にしらすとめかぶ、大根おろしをのせて柑橘類を絞って醤油をたらしていただきました。飛田さんのしらす丼は卵の黄身を落として、オリーブオイルやごま油をたらすのがポイントです!

著者プロフィール

赤澤かおりさん

赤澤かおりさん

料理と旅をメインに仕事をする編集者&フリーライター。鎌倉市在住。夏の間は海の家でときどきお手伝いも。ハワイを旅してはその記録を書籍で出版中。近著に『Travel Hawaii ノスタルジック、なのに新鮮』。

COPYRIGHT(C)2013 KODANSHA LTD. ALL RIGHTS RESERVED.