• vivi
  • with
  • voce
  • frau
  • mi-mollet
  • 会員登録・特典

ブログ

2017.02.24

出かける買う

春号表紙ロケの日、
とんでもない事件が私に起こって…

春号表紙ロケの日、<br />
とんでもない事件が私に起こって…

こんにちは!
おとなスタイル編集長の池ちゃんです。

昨日、春号見本が編集部に届きました。
2月25日発売の号です。
桐島かれんさんの、この号の表紙はフィレンツェで撮影。
――そうです、年末から何度かブログで書きました、カタール航空に乗ってミラノ経由でいった、あのロケです。
クリスマスのイルミネーションもホントに素敵で。
極寒でしたが、表紙は春!を感じさせるものにしなくてはと、みんなで頑張った次第。
(でも、ホントに寒かったんですよぅ…) 

表紙のお洋服は、ワンピースにジャンパースカートを重ねたコーディネイトで、
コム デ ギャルソン・コム デ ギャルソン。
ふり返るとAラインのジャンパースカートがふわりと広がって、可愛い…! 
現場で観ていた時も可愛いくて歓声をあげていましたが、
帰国して、写真選んでいるときも「ほんっと、かわいいなぁ~」と見惚れてしまいました。50代でジャンパースカートが似合うって、かれんさん、素敵です。
このほか、街角、店の前、広場、あちこちに出没してフィレンツェでのファッションロケを敢行。ロケーションも素晴らしくて、スイスイ撮影が進みました。
翌日は、かれんさんが会いたかった憧れの作家、ペロションさんのトスカーナご自宅撮影が待っているので、ならば今日はここまで。解散。
束の間、自由行動にしましょう、さぁ、おのおの、買い物TIMEですよ~!とウキウキ街に出たところで、
私の身にとんでもないことが………。

スリに遭いました。
まるで「地球の歩き方」に載っているような小芝居を打たれて、財布をストンと。
全く気づきませんでした。おバカすぎます。
案外、海外ロケも多く行っておりましたこの私が。なんてことでしょう。
その夜はずっとフィレンツェの警察で事情聴取です。日曜の夜だったのに。 

ご機嫌な警察官が、取調室で事情聴取してくれたんですが、
「日本から来たんだー 僕も河口湖から富士山観たことあるよ。富士山サイコウだね。
財布には何が入ってたの? ダイソーのカードは? うん、ダイソーは素晴らしいよね!」
とトークが止まらず。
私は財布を見つけてもらおうと、いちいち真面目に答えましたけど、なんかおかしい。
全然、財布の色や形、ブランドとか聞いてくれないんですけど!!(泣) 

ということが到着翌日でしたので、
せっかくのイタリアで買い物できないという、哀しすぎる事態になってしまいました。
欲しいもの、いっぱいあったのになあ・・・
しかし。哀しかったけれど、とても楽しかったフィレンツェロケ。
性懲りもなく、また行きたくなっているほど、フィレンツェLOVEです。 

このトスカーナロケの裏話なども含め、春号の発売を記念し、
桐島かれんさんと私が、トークショーいたします。
3月12日(日) 14:00~ 東京・玉川高島屋S・C 入場無料です。
装う、暮らすというオシャレと旅がテーマですので
スリに遭った話はないと思いますが (汗)、よかったらいらしてください。
桐島かれんさんがファッションディレクターを務める、「ハウス オブ ロータス」も
3月8日に玉川高島屋でOPENします。
展示会で観ましたが、ものすごく可愛いかったですよ。私も絶対買います!(鼻息)。 

そしてこちらも、しつこく書いてゴメンナサイなのですが、
春号の発売日は、私が通う、東京音大社会人講座発表会の日でもあります。
1年間頑張った、ジャワ舞踊とガムランのお披露目する日です。 

発表会での舞踊は、ばっちりメイクして、ジャワの衣装を着て踊ります。
そんなわけで年明けくらいまでは本番に向け、順調にダイエットをしていたのですが、
春号の校了時の不規則な食事(しかもコンビニ多し)で、ああ、肥えてしまった。。。
こんな二の腕を、人様の前にだしていいんだろうか。
しかし!聞いてください。
ジャワでは「痩せたね」は、悪口なんだそうです。
太ったね、が褒め言葉なんだという。
ジャワで買ってきたSTYLE BOOKは、モデルがみんなすごいボリューミィでした。
これ衝撃。お見せしたいです。
眺めていると「太っているって素敵!」と洗脳されてきますから。
――と、太った言い訳をここでしてる空しい私ですが、
本番まで(&発売日まで)あとちょっと。 

ぜひ、本誌も! ガムラン発表会も、かれんさんとのトークショーも遊びに来てください。
ガムランは2月25日(土) 14:00~16:30(くらいかな)
@東京音大(雑司が谷) J館 入場無料 出入り自由。おしゃべりも、子供さんが騒ぐのも自由です(それがインドネシア流)
私は1部の2曲目で踊り、4曲目で歌い、6曲目でルバーブという弦楽器を弾き、
2部の1曲目で楽器を叩いています。
暗譜率、高し。ボケないためにも、これ大事ですよね。
では、春号をどうぞよろしくお願いいたします! 

 

校了直前。表紙をこっちの写真にしようかどうしようか、結構悩みました。
このグリーンもきれいだったなあ。

 

かれんさんと打ち合わせ後、向かいの喫茶店で。
帰社前に我慢できず、つい禁断のケーキを。
この一口が、デブになるというのに!(泣)

 

発表会で弾く、ルバーブ。自宅で練習中に弦が切れて張替え中。その道具一式です。
不器用だから弦の張り替え、とても苦手です。泣きます。

 

FOLLOW US

著者プロフィール

編集部

編集部

編集部員のブログです。メンバーは、charming-agingを目指したいマル子、宝塚大好きの池ちゃん、健康的なおとなポチャが目標のM美、抗わないおとなになりたいU子、歴史と自然が好きなおアツで、これいい!これから話題になりそう! など、楽しい情報を発信していきます。

COPYRIGHT(C)2013 KODANSHA LTD. ALL RIGHTS RESERVED.