• vivi
  • with
  • voce
  • frau
  • mi-mollet
  • 会員登録・特典

ブログ

2016.07.03

食べる学ぶ

【編集部ブログ】
『美容会議』報告第2弾! おとな世代と“赤い口紅”問題

【編集部ブログ】<br />
『美容会議』報告第2弾! おとな世代と“赤い口紅”問題

こんにちは、M美です!

先日、『おとなスタイル』秋号に向けて、読者の方々と『美容会議』を開いたというお話をブログでアップさせていただきました
今回のブログでは、そのときの盛り上がったネタを少しご紹介したいと思います。

50代になると、さまざまな悩みはあるのですが、メイクで多かったのが、流行とのバランス感でした。年齢的に若い世代のように、トレンドメイクを追うことはないのですが、そうかといって、若かりし日のメイクをそのまま、というのも、“時代遅れ感”が出てしまうものです。

中でも、話題になったのが、今人気の赤い口紅です。
「店頭でも“新色の赤はどうですか”と勧められるのですが、つけてみると口ばかりが目立ってしまって、やっぱり無理と手が出ないですね……」
「つけてみたいと思うのですが、つけるとなんだか派手顔になってしまって……」
という感じで、みなさん興味はあるのに、上手に扱えないというのが、悩みのようでした。

美容会議の日も、7名中2名が、赤系リップをつけていました
「あえてがんばって赤をつけてきました」という鶴田典子さん

 

「ベージュ系だと疲れて見えることもあって、少し華やかな色を最近つけるようにしています。でも、似合っているか不安です」という森ともこさん

 

おふたりとも、とても似合っていましたが、他の参加者の方も共通して、年齢的にもっと上手に赤系リップが付けられるようになりたいと思っていました。

実は私も、最近、リップカラーに悩みがあったのです。
俗にいうヌードカラーのベージュ系リップをつけていると「あれ!? 疲れてる?」なんて言われることがあって。逆にちょっと色があるリップをつけると「あれ!? 今日はデートでもあるの? おしゃれしている!」と言われることが多かったのです。
もしかして、50代はリップ再見直し世代??? と実感していたので、みなさんの声にもめちゃくちゃ共感してしまいました。

そんなみなさんの想いを、さっそく企画にすることにしました。
おとな世代にオススメの赤リップ、おとなの塗り方を秋号でご紹介します!
この秋は、単純な赤だけでなく、少し落ち着いたバーガンディー系の色も多く登場します。

そして、私も脱ヌード系リップ、実践中です!
といっても、思いっきり赤は、まだちょっと抵抗があるので、まずは、ちょっと深めの赤系のローズをチョイス。さらに、シアー感があるものということで、リップ感で使えるのを入門ということで2本新調しました。

 

1本は、創刊号の取材で、吉川千明さんに教えていただいた、babuのエッセンシャルカラーリップのクリアベリー。もう1本は、ジェーン・アイルデールのJUST KISSED リッププランパのtokyo。どちらもオーガニックブランドで、唇にやさしいのが特徴です。

この2本で、少し濃い目の唇にも慣れてきたので、今度はいわゆる赤系にも挑戦しようかと思っているところ。今、伊勢丹新宿店で先行発売中の資生堂『ルージュ ルージュ』。微妙な色バリエーションの赤があるこのルージュ ルージュなら、自分に合う赤がみつけられるかも!? はたして、赤が似合う女になれるでしょうか??

まぁ、私のことはさておき……!
みなさんも8月25日発売の秋号で、ぜひ赤系リップが似合う女性に変身してみてください
お楽しみに!

FOLLOW US

著者プロフィール

編集部

編集部

編集部員のブログです。メンバーは、charming-agingを目指したいマル子、宝塚大好きの池ちゃん、健康的なおとなポチャが目標のM美、抗わないおとなになりたいU子、歴史と自然が好きなおアツで、これいい!これから話題になりそう! など、楽しい情報を発信していきます。

COPYRIGHT(C)2013 KODANSHA LTD. ALL RIGHTS RESERVED.