• vivi
  • with
  • voce
  • frau
  • mi-mollet
  • 会員登録・特典

ブログ

2016.05.29

キレイ

『アラフィフ女子の婚活日記』 第18回

『アラフィフ女子の婚活日記』 第18回

心もカラダも「ホルモン」しだい!?



爽やかな季節になりました。油断すると暑すぎるけど。
そんな清々しいお天気とは裏腹に、私の婚活はド不調の停滞中。
気持ちのいい天気にダイニングの窓からキラキラひかる新緑をながめ
「いまさらパートナーがいなくても十分幸せな毎日は送れるんじゃねーの?!」と
すっかり平和な気持ちになってしまいました。

そうなると、「さぁ、頑張って出会おう!」という気持ちはシュルシュルと
シュリンクして、もうどうでもよくなっちゃって、
なんだか、「ときめかなくなっている」自分に気がついた。

ちょっと真面目に書くと、更年期に突入する少し前、ミドルエイジクライシスと
言われる時期には身も心も「恋せずにはいられない!!」という状態に陥り、
やたらめったら出会う男性を好きになっていた気がする。

恋愛至上主義というには随分歳をとっていたけれど、
心は十代女子とかわらないぐらいで、随分と周りの人たちに
迷惑をかけたものでした。

まあ、強弱は変わっても「まだまだ婚活するもんね」と思っていたのに、
真面目な話ここんとこはトンとその気が起きません。
どうも、それは年齢ではなく体調にあるみたいです。

去年、早期の子宮がんになり、あれこれ一切合切取っちゃいました。
子宮をとるということは、やはりホルモンの元がなくなるわけで、
一気にカラダが変わるのかな?と思っていたけれど、
そうでもなかった。

ところがだんだん戻り元気なり、ちょうど半年たったころから
カラダが一気に変化が顕著になってきたのです。

手術をしたことは頭では理解しているけれど、カラダが納得するのには
半年ぐらいかかったみたいで、文字通り「ホルモン・エンプティ」の
0レベルになったのです。

身体のあちこちに色々な更年期障害の典型的な症状が出始め、
それと同時に心にも変化が現れ、世の中の流行り素敵男子を見ても、
どこかでパーティがあると言われても、心もカラダも動きまへん。

家でのんびり海外ドラマを見ている方が『ずっと幸せ』で
婚活日記のネタもほぼ三ヶ月で枯渇してしまったのであります。

トホホのホー。

なので皆さんごめんなさい。
素敵な人を見つける方法、ネタ切れなのね。

いまはドクターに「もうちょっと元気になろうね!」ともらった安心量の
低ホルモン剤を服用して、「心とカラダの復活」を祈っているのです。

もうちょっと待ってね。
復活は近いから。

FOLLOW US

著者プロフィール

笹生八穂子さん

笹生八穂子さん

コンサルティング&プロデューサー\nテレビ、ラジオ、WEB新聞、雑誌などのメディアから、デザイン・アートイベント。国際プロジェクトまで様々なコンテンツを手がける。近作はサローネイン六本木(東京ミッドタウン・10/16-25)

COPYRIGHT(C)2013 KODANSHA LTD. ALL RIGHTS RESERVED.